会長方針

2019-2020年度会長
田村 清記

第2520地区運営方針

1. 各クラブは会員一名以上の純増を達成

2. ロータリー財団年次基金への寄付0クラブ達成を継続

3. 「ロータリーの友」の購読、マイロータリーの活動を推進

4. RLIへの参加の促進

5. 出席率向上の奨励

6. ロータリー賞、ロータリー会長賞受賞の必要項目の達成

7. ロータリーデー開催の奨励

8. 地区運営には選択と集中に心掛け、極力スリム化を目指す

9. 予算執行は費用対効果に留意し透明性・公平性を保つ


 

 国際ロータリー2019-2020のテーマは、「ロータリーは世界をつなぐ」です。
 国際ロータリー会長アラバマ州(米国)のマーク・ダニエル・マローニ氏の提唱です。

 マローニ氏は、ロータリーの奉仕活動は、同じ価値観を共有し、より良い世界のために行動したいと願う人々の結びつきをもたらすこと。そしてロータリーがなければ出会うことがなかった人々、共通の考えをもった人々、私たちの支援を必要とする人々とのつながりなど、ロータリーを通じて、世界中の地域社会で人生を変えるような活動を行うことを可能にしていると説いています。

 さて、昨年度、盛岡北ロータリーは60周年を迎えました。これもひとえに創立からご尽力いただいた先輩の方々や、北ロータリーに関わった多くの皆さまとの素晴らしい出会いとつながりがあったからだと思います。

 山地年度から会長を引き継ぎ2019-2020年度の盛岡北ロータリークラブの会長を拝命し、身の引き締まる思いです。成功裏に終えた60周年記念式典では北ロータリーの歴史と伝統を改めて実感することができました。ロータリーの知識も経験も全く足りないことを痛感し、いまさらながらロータリーについて学ばせていただいております。頼りない会長ですが、新たな気持ちで未来へとつなげる1年にできるように精いつばい務めてまいりますので、会員の皆様のご指導とご協力をよろしくお願いいたします。

 全国のたくさんのロータリークラブそれぞれに特徴があり良さがあると思いますが、私が盛岡北ロータリークラブの会員でよかったと実感するのは、盛岡北ロータリーにしかない特別なつながりを感じるからであります。

 年齢や職業を超えて、一緒にいると心地よく、ほっとする。そんな時間を共有できる人々の集まり。素晴らしい友情とネットワークが北ロータリーにあると思います。女性会員の活躍、会員の家族同士のつながりが強いのも当クラブの素晴らしい特徴だと思います。自分に何か嬉しいことがあったとき真っ先に伝えたくなるのはロータリーの仲間ですし、つらい時に励ましてくれるのもロータリーの仲間です。

 そんな中、原点に立ち返り日々の奉仕活動にインスピレーションを働かせ会員相互がインスパイアされるクラブになったら各委員会が掲げる目標に結果は自ずとついてくるものと信じており私や日山幹事はそのお手伝いをさせていただければ幸いと考えております。

 今年度は、ロータリー活動を通じて仲間を増やし、北ロータリーの良き伝統を継承しながら素晴らしい未来を創造するように世代を超えた友情の輪を少しずつ大きくしていきます。
「盛岡北口一タリーの未来とつなげる1年」をすばらしいつながりで築いていきましよう。

投稿日:2019年6月14日 更新日:

Copyright© 盛岡北ロータリークラブ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.